賃貸でよくあるご質問とその回答です。

「入居審査」とは何ですか?

審査方法は書類の提出や面接で、入居者の構成・人柄・勤務先・収入・どういった理由で転居するのかを確認します。審査の結果は貸主の判断を経由して概ね一週間以内に通知されます。

「禁止事項」とは何ですか?

賃貸契約書には入居者がしてはならない事柄が書かれています。ペットの飼育に関すること、楽器の演奏に関すること、共有部分の使用に関すること等々。平穏な共同生活を送るためにもルールを守ることが大切です。なお、禁止事項に抵触した場合は、退去を求められる可能性もありますから、よくチェックして下さい。

「原状回復」とは何ですか?

基本的な定義としては、「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗等を復旧する。その費用は賃借人負担となる。そして、いわゆる自然損耗、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃貸人負担となる。」となっています。しかしながら、契約時に入居期間中に何が起こるかを予測することは困難です。また、別途特約で様々な取り決めがある場合もあります。そのため、原状回復の度合いをどのように解釈するかということを最初から契約書等でしっかり明確にしておくことが大切です。

「敷金」とは何ですか?

敷金は、賃貸契約の際に借主が貸主に預けておく一定額の金銭のことです。賃料の滞納や解約時の清掃・修繕等に使用されます。

「定期借家」とは何ですか?

平成12年3月1日に施行された新たな賃貸借契約の形態です。
契約期限の到来とともに借家契約が終了する定期借家制度を活用すれば、立退料が不要になる、家賃増減請求権を排除した契約を結ぶことが可能となるなど、建物賃貸経営を長期安定的なものにする効果は大きなものがあります。

「連帯保証人」とは何ですか?

借りた人に何かあったときに代わって賃料を支払う責任・能力がある人のこと。賃貸契約ではほとんどの場合に必要で、一般的には借主の親族かつ一定の年収がある方であることが前提となります。

「新築」とは何ですか?

新築とは、建築後1年未満であって、かつ、未使用のものです。それ以外は中古となります。例え使用されたことがない建物でも、建築後1年が経過したものは、新築ではありません。

「普通賃貸借契約の期間内解約」とは何ですか?

契約期間内に転勤などで解約(退去)したい場合は、前もって解約予告することが義務づけられています。予告期限は解約日の1〜2ヶ月前とされていることが多いでしょう。なお、予告した日から希望する解約日までの間が契約書に定められた期限に満たないと家賃を余分に支払うこととなるので注意が必要です(たとえば契約書に解約予告は解約希望日の2ヶ月前までと定められているにも拘らず解約を希望する日の20日前に通知した場合等)。