建築作業の軽減。その実力を実感するプレカット。

「家を建てる木材は現場で大工さんが削るもの」という時代は終わりました。今や主流は、正確で安定したプレカット。
その利点は、製品ひとつひとつのムラのない仕上り・現場での作業軽減・建築期間短縮・人件費抑制、機械加工による寸法精度向上が生む強度アップ・現場での加工による廃材の排出抑制と現場清掃の手間を省くことなどさまざま。
現場にもエンドユーザーにも喜ばれるプレカットの実力です。
さらに、なかやしきプレカット事業部では、それぞれの現場やニーズに合った最適なご提案が可能です。
大小にかかわらず、隅々まで精密に仕上げる高品質のプレカット加工をお申しつけください。

プレカットとは

プレカットとは、構造材の柱や梁の継ぎ手・仕口加工などを工場で行うことです。
建築現場での加工を減らすことで、工期短縮や加工精度向上、現場廃材の削減などにつながっています。
住宅用構造材メーカーである当社がプレカット加工を自ら行うことで、お客様のニーズ、時代のニーズを深く理解することができると考えています。
なかやしきでは、プレカット工場を開設し、お客様のプレカット加工にタイムリーにお応えできるように環境を整えてきました。全ての工場ではCAD/CAM化された全自動プレカットシステムを導入し、軸組構造材、羽柄材、パネル材のプレカットから金物工法のプレカットにも対応、金物、合板のほか、基礎パッキン配置図などの情報処理をカバーしています。
また、見積もりから構造計算まで住宅生産に関わる情報の提供とサポートとで、お客様の受注拡大にも貢献しています。

プレカット加工の特徴

・コンピューターによる合理的な加工システム
・加工工期の短縮によるコストダウン
・現場での廃材の削減
・大工さんの腕によるバラツキがない高度な加工精度
・金物工法にも対応できる加工精度

プレカット製品導入のメリット

・加工精度の向上(品質の均一化)
・耐震性等住宅性能アップ(構造的強化)
・工期の大幅な短縮
・熟練の大工技術者不足に対応
・建築現場での廃材発生防止(コスト削減)

AQ認定工場

AQ(Approved Quality)認定「優良木質建材等認証」とは林野庁の指導の下で(財)日本住宅・木造技術センターが、部材の安全性や耐久性を厳しくチェックした上で、それらを生産可能な優秀工場に対して与える認証です。
なかやしきの「AQプレカット」に使用される部材は、その認定を受けたAQ認定工場で生産されていますので品質は折り紙つきです。

九州プレカット工場 概要

名称 九州プレカット(プレカット事業部)
所 在 地 北九州市小倉北区西港町72番地
敷地面積 6,600㎡(約2,000坪)
工場面積 1,650㎡(約500坪)
生産能力 月産4,000坪
設備仕様 CAD/CAMシステムによるコンピュータ−
主要工場設備 ・横架材ライン ・羽柄加工機 ・プレカット用自動4面鉋盤
・柱加工機ライン ・5軸モルダー ・2軸仕口加工機 ・ホゾ取り機
・火打加工機 ・クロスカットソー ・超仕上加工機 ・自動一面鉋

横架材ライン(AZ-F)

土台・桁・梁などの横架材の加工を行います。
8坪/時と生産効率に優れ、高精度・高品質仕上を追求した加工機です。

 

プレカット用自動4面鉋盤
(MPL-41)

桁・梁などの平角材の加工。寸法決め、図面プレーナーラインに自動投入し、木材の4面に高精度な鉋がけを行います。

 

柱加工機ライン
(AZ-1000H)

通し柱・管柱・化粧柱・小屋束を加工する機械。12坪/時と生産効率に優れ、各種金物工法に対応できます。

羽柄加工機(HAF-6K)

垂木・隅木・破風板と筋交・間柱・根太を加工、現場での精度アップ、ゴミ減量、高所作業の軽減が好評を得ています。小割り加工にも対応。

 

手加工工場

機械ではできない特殊な加工は、巧みな伝統技術を培った職人が手加工で行います。
お客様のニーズにお応えいたします。

 

CAD/CAM ROOM

CAD/CAM ROOMでは、経験豊かな専属オペレーターと最新のCAD/CAMシステムを使い様々なニーズに対応しています。