買い替え・住み替えの方

急な転勤・新築の購入等で、
「ご自宅を売りたい」「ご自宅を貸したい」というご要望の方へ。

なかやしきがご相談に乗ります。
買い替えの場合には、ご自宅の売却が先か、新築の購入が先か、考えましょう。

売買相談ご依頼
売りたい方はこちら

賃貸相談ご依頼
貸したい方はこちら

ご自宅の売却を先にする場合

現在お住まいの売却価格を先に分かっておけば、予定する売却価格を新居の購入資金に充てられる金額が分かりますので資金計画が立てられます。ただし、先に契約をする事になりますので、引き渡し時期によっては、一時的に仮住まいが必要になる場合があります。また、物件にもよりますが停止条件付契約ができます。

■停止条件付契約(一定の条件が必要となります)

決められた期間内に物件が売れなかった場合には、新築の契約を白紙解除する事ができます。

新築の購入を先にする場合

購入したい物件をじっくりと探すことができ、新築への入居に合わせて、売却することができ仮住まい等の費用がなくなります。ただし、現在お住まいの売却代金を新居の代金に充てる場合には、ある程度の余裕のある資金計画を立てる必要があります。また、万が一売れなかった場合には、旧住居との2重ローンが発生する可能性もあります。

ご自宅の売却までの流れ

まず、ご売却の前に自己資金・ローンの残債を確認して下さい。

① ご自宅の査定をする

現在のお住まいが、いくらで売り出せるのか「査定価格」を出させて頂きます。査定価格は、周辺エリアの売却事例・販売状況から、適正な価格を算出致します。

② ご自宅の売却を依頼する

査定に納得頂けましたら、売却の依頼をするために媒介契約を結びます。媒介契約には、3タイプあり「専属専任」・「専任」・「一般」があります。

専属専任 依頼できる不動産会社は1社のみで、お客様自身が見つけた買主様とは売買契約を結べません。
専任 依頼できる不動産会社は1社のみですが、お客様自身が見つけた買主様でも売買契約を結ぶことができます。
一般 複数の不動産会社に依頼でき、お客様自身が見つけた買主様でも売買契約を結ぶことができます。

お客様の希望に合う売却方法を考えて、どの契約にするか決定しましょう。

③ 販売活動

媒介契約を結ぶと、指定流通機構、インターネット、広告媒体などを活用して販売活動を致します。

④ 購入者との交渉

購入希望者から申込みが入ると、売買価格、代金の支払日、物件の引渡日などの条件交渉を致します。価格の条件は、もっとも大事ですがその他の条件についても考えて交渉を進めましょう。

⑤ 売買契約を結ぶ

売却の条件に納得頂けましたら、買主様と売買契約を結びます。

⑥ 物件の引き渡し

引渡の手続きでは、売買代金の受領と同時に所有権の移転を行います。

ページ上部へ